キャリアコンサルタント国家資格実技試験に向けて

皆さん、こんにちは〜キャリアコンサルティング技能士2級の池田エミです

新しくこちらでブログを始めました。

私のキャリアコンサルティング技能士2級取得までの勉強方法やセミナーなど、お知らせしていきます。

2019年7月7日にキャリアコンサルタント国家資格試験の筆記試験、論述試験が終わったばかり。さあ、次は実技試験ロープレですね。

今まで、お勉強してきたこと、精一杯発揮してほしいと思います。

私が、勉強してきたことをまとめてみました。私が、キャリアコンサルティング技能士2級を取得するために、お世話になった師匠からの教えです。

皆さんも、よかったら参考にしてください。

応援しています。

 

キャリアコンサルタント実技面接試験のポイント

① 15分の実技面談です。問題解決に走らない

② アイスブレイク、守秘義務について伝える。(CLのため!に)

③ 15分の時間配分

・前半は「傾聴」に徹する~9,10分まで

・CLの基本情報と背景をお聴きする(CL 8:CC 2)

・短いとラポール構築が出来ていない(長いと後半の具体的展開ができない)

④ 傾聴スキルをしっかり(アイコンタクト、相槌、感情の反射、要約 ミラーリング、ペーシングなど)

⑤ オープンクエスチョンを有効に!

・具体的に・・・

・もう少し詳しく・・・

・それはどうして・・・

・何故だと思いますか・・・

・他にありますか

⑥ 12,3分までに「主訴の明確化」(問題把握)をしっかりやること (曖昧だと減点)

⑦ CLの「問題把握」が出来ると同時に、CC視点からのCLの問題(見立て)も掴んでいること

CLに自己理解・仕事理解(不足しているところがある)を深めて気付きを提供

⑧ 主訴の確認(CLと共有)の後、問題解決に向けての具体的展開を図る(必ず入れること。複数)

⑨ 15分を使い切る(時間切れを狙う)

⑩ 口頭試問(振り返り)は簡潔に1問1分くらいで。(ある程度用意しておく)

実技面接試験のポイント2

  • 初めての面談(インテーク):緊張しているのはCL ⇒ その緊張をほぐしていく(どのように?)
  • 基本的情報はきちんと取る:CLについての情報・背景について全く知らない状態。CLの相談内容をお聴きしていく。(何が重要なポイントかまだ分からない。)
  • 傾聴:CLの相談の事柄を聴くと同時に、その時の意識や気持ちを聴いている
  • 受容・共感的理解・自己一致:これらはどういうことか、常に考えていく

寄り添う、思いやる

 

  • 質問の連続(どうして、何故、何故)にならないように(CLの気持ちに寄り添う)
  • 頷くこと、相槌を打つこと:ただやっているのではない。CLの話しっかり受け止めて、自然に出す
  • CLの訴えていること、話していること、話していないこと CCとしての見立てが重要
  • CLの一寸とした表情、仕草、言い方、言い淀み、繰り返した言葉、独特な表現(馬車馬の様に働いた)

⇒見逃さない!大切なポイントがある (言語的+非言語追跡!)

  • カウンセリング中は、脳はフル回転!(例:車の運転中の覚醒、小枝一つ触れても解かる)
  • 私達CCは言葉+非言語しか武器はない:CLの言葉と同時にCCの言葉を大切にする!
  • 言ってはいけない、聞いてはいけないことは何もない!⇒ただし、言い方、タイミングが大切。どんなに良い言葉、良い質問でも言い方やタイミングが悪いと、最も悪いものになる可能性がある(CLが心閉ざす)
  • 自分の個性・パーソナリティを大切に! 自分を客観的に捉える(どのようなカウンセラーなのか!)
  • 質問のための質問になっていないか: 面談中、次の質問を考えていることがあるがCLに寄り添っていない
  • CLの応答の中に、次の質問がある!
  • 沈黙:CLには様々な沈黙がある
  • 要約の意味:①さまざまなCLの話を整理する  ②CLの沈黙 CCの沈黙  ③話題を変える時
  • 面談中CLから質問があったらどうするか?:聞き返す すぐ応答せず質問に質問で返す
  • キャリアカウンセリングは、キャリア(職業・仕事)カウンセリングだけではない:ライフキャリアカウンセリング
  • 受容・共感・自己一致:これらのことは常に考え体感で掴む⇒ カウンセリングマインド

皆さん、がんばってください!